認印を購入するお店

認印はそれほど重要度の高い印鑑ではありません。そのため、実印であったり銀行印などと違って非常にリーズナブルな価格帯で販売されている印鑑から選ぶのが一般的になっております。

最近、認印の購入場所として増えて来ているのが100円ショップです。少し大きな駅の近くに必ずと言ってよい程ある100円ショップは出先で急に認印が必要になった時などにぴったりの購入場所になります。例えばアルバイトをはじめる時に契約書に印鑑が必要になったりした場合などに直ぐに購入する事ができます。

次に多いのがスーパーです。大手のスーパーなどには印鑑を販売している所が多いので出先で急に認印が必要になった時などに重宝します。取引先であったり、自分が普段から使用している沿線の駅などの近くにあるスーパーの場所を覚えておくと認印以外にも重宝しますのでチェックしておいてください。

他には印鑑の通販サイトなどもあります。実物を手に取れないため敬遠する方もいるかもしれませんが、書体も好きなものが選べますし、陰影のサンプルもきちんと確認ができます。陰影のバランスも調整できるので、普通に購入するよりもかえって自由にオーダーできるかもしれません。

また、使用頻度の多い認印はその分、破損してしまう可能性の高い印鑑になります。長く愛用したいのであれば文房具屋さんで購入するのもおすすめです。100円ショップやスーパーなどと比べてワンランク上の素材で作る事が出来ますのでかなり重宝すると思います。特に営業の方は取引先の方に見られる機会も多いので、少し見栄えの良い認印を持っておくのもおすすめです。

<参考サイト>印鑑通販…認印の購入ができるサイト「いいはんこやどっとこむ®」です。

Pocket

最も使用する認印

普段から生活している中で最も多く使用する機会のあるのが認印です。認印は実印などと違って印鑑登録をしていない印鑑になります。その為、多くの方が複数所持しております。

日常生活で印鑑を使用するタイミングとして直ぐに頭に浮かぶのは宅配便が来た時だと思います。荷物を受け取ったら受け取った証として印鑑を押します。この時に使用されるのが認印になります。普段から玄関先に常備している事の多い印鑑ですので、シャチハタであったり、100円ショップなどで購入している非常にリーズナブルな物を認印として使用するようになっております。

特に多くの方が認印として使用しているシャチハタは、朱肉などが必要無い印鑑ですので宅配便など直ぐに印鑑が必要になるような時などに非常に重宝します。認印にはそれほど強い力はありませんので、責任などが生じる事も少なくなっております。

認印などに多く用いられているシャチハタは保険の加入であったり、銀行口座の開設などで使用する事ができないケースが多くあります。その為、銀行口座を作る場合であったり、保険の加入などの場合には、他に少し高価な印鑑を用意する必要があります。使用目的に合わせて使い分ける事が重要になってくるのです。

Pocket

会社で使用する印鑑

就職すると会社で印鑑を使用する機会が増えてきます。基本的に会社で使用する印鑑は会社で用意してもらう事が多いので自分で購入する事はありませんが、実際どのような印鑑の種類があるのかを知っておく事は、いざ会社で印鑑を使用する際に押し間違いなどのトラブルを未然に防ぐ事ができますのでとても重要になります。

会社を作る時に必要になるのが届出印です。この届出印は会社の実印になるとても重要な印鑑で、法務局で印鑑証明書を発行してもらった後に、届出印を押印し印鑑証明を添付する事によって会社で最も効力のある印鑑として使用する事ができます

また、会社で使用する銀行を開設する時には銀行印が必要になります。これは複数の銀行を使用している場合には、防犯上の観点からそれぞれ違った印鑑を使用している所もあります。

会社角印株券であったり、請求書や領収書、納品書などに使用される印鑑になっております。普段使用している印鑑とは違った意味合いを持っている印鑑になりますが、効力は認印とあまり変わらず、使い分けている人間の意識であったり、文書の重要度などによって使い分けるような意味合いがあります。多くの印鑑を使い分ける社内だからこそ、普段から多く使用する認印との違いをしっかりと理解するようにしてください。

Pocket

印鑑は色々な種類が

社会人になる際に多くの方が作成する事になる印鑑ですが、実は一種類ではなく複数の種類があるのをご存知でしょうか。印鑑はそれぞれの用途に合わせた物を製作する事が必要になり、せっかく作っても用途にあっていないとまた別に新しく印鑑を製作する必要も出てきます。

印鑑の中で最も強力な効力を持つのが実印です。実印法律上、社会上の権利や義務が生じるとても重要な印鑑になっており、紛失してしまう事が無いように十分に注意する必要があります。また、破損した場合などは新しい印鑑を製作した後、市区町村の役所であったり、役場で印鑑登録する必要があるなど非常に面倒な手続きが必要な物になります。

銀行印は、銀行の口座開設であったり、お金を出納する時などに必要な印鑑になります。定期予期や普通預金、振替預金、郵便預金など金銭に関わる際に使用する印鑑になります。

認印は、印鑑登録をしている実印以外の印鑑の事になります。印鑑証明がいらないために書類を製作したり、伝票関係であったり、出勤簿などに使用する印鑑になります。社会人になったら多く利用する機会があるのでカバンの中などに常に携帯しておくべき印鑑になります。

このように印鑑には沢山の種類があります。しかし、印鑑の事をあまり知らない方にとってはどのような印鑑を購入してよいか、また、どこで印鑑を購入したらよいかわからないという方も多いと思います。そこでこちらのページでは、印鑑を購入しようと考えている方に有益になる情報をご紹介して行きます。

Pocket