印鑑は色々な種類が

社会人になる際に多くの方が作成する事になる印鑑ですが、実は一種類ではなく複数の種類があるのをご存知でしょうか。印鑑はそれぞれの用途に合わせた物を製作する事が必要になり、せっかく作っても用途にあっていないとまた別に新しく印鑑を製作する必要も出てきます。

印鑑の中で最も強力な効力を持つのが実印です。実印は法律上、社会上の権利や義務が生じるとても重要な印鑑になっており、紛失してしまう事が無いように十分に注意する必要があります。また、破損した場合などは新しい印鑑を製作した後、市区町村の役所であったり、役場で印鑑登録する必要があるなど非常に面倒な手続きが必要な物になります。

銀行印は、銀行の口座開設であったり、お金を出納する時などに必用な印鑑になります。定期予期や普通預金、振替預金、郵便預金など金銭に関わる際に使用する印鑑になります。

認印は、印鑑登録をしている実印以外の印鑑の事になります。印鑑証明がいらないために書類を製作したり、伝票関係であったり、出勤簿などに使用する印鑑になります。社会人になったら多く利用する機会があるのでカバンの中などに常に携帯しておくべき印鑑になります。

このように印鑑には沢山の種類があります。しかし、印鑑の事をあまり知らない方にとってはどのような印鑑を購入してよいか、また、どこで印鑑を購入したらよいかわからないという方も多いと思います。そこでこちらのページでは、印鑑を購入しようと考えている方に有益になる情報をご紹介して行きます。