会社で使用する印鑑

就職すると会社で印鑑を使用する機会が増えてきます。基本的に会社で使用する印鑑は会社で用意してもらう事が多いので自分で購入する事はありませんが、実際どのような印鑑の種類があるのかを知っておく事は、いざ会社で印鑑を使用する際に押し間違いなどのトラブルを未然に防ぐ事ができますのでとても重要になります。

会社を作る時に必用になるのが届出印です。この届出印は会社の実印になるとても重要な印鑑で、法務局で印鑑証明書を発行してもらった後に、届出印を押印し印鑑証明を添付する事によって会社で最も効力のある印鑑として使用する事ができます。

また、会社で使用する銀行を開設する時には銀行員が必要になります。これは複数の銀行を使用している場合には、防犯上の観点からそれぞれ違った印鑑を使用している所もあります。

会社角印は株券であったり、請求書や領収書、納品書などに使用される印鑑になっております。普段使用している印鑑とは違った意味合いを持っている印鑑になりますが、効力は認印とあまり変わらず、使い分けている人間の意識であったり、文書の重要度などによって使い分けるような意味合いがあります。多くの印鑑を使い分ける社内だからこそ、普段から多く使用する認印との違いをしっかりと理解するようにしてください。