最も使用する認印

普段から生活している中で最も多く使用する機会のあるのが認印です。認印は実印などと違って印鑑登録をしていない印鑑になります。その為、多くの方が複数所持しております。

日常生活で印鑑を使用するタイミングとして直ぐに頭に浮かぶのは宅配便が来た時だと思います。荷物を受け取ったら受け取った証として印鑑を押します。この時に使用されるのが認印になります。普段から玄関先に常備している事の多い印鑑ですので、シャチハタであったり、100円ショップなどで購入している非常にリーズナブルな物を認印として使用するようになっております。

特に多くの方が認印として使用しているシャチハタは、朱肉などが必要無い印鑑ですので宅配便など直ぐに印鑑が必要になるような時などに非常に重宝します。認印にはそれほど強い力はありませんので、責任などが生じる事も少なくなっております。

認印などに多く用いられているシャチハタは保険の加入であったり、銀行口座の開設などで使用する事ができないケースが多くあります。その為、銀行口座を作る場合であったり、保険の加入などの場合には、他に少し高価な印鑑を用意する必要があります。使用目的に合わせて使い分ける事が重要になってくるのです。